ROBOBO’s 読書記録

読んだ本の感想です。ビジネス書が多いかな?

山口周『ビジネスの未来』感想_ディストピアを彷彿させる豊かな高原

生活のインセンティブを探さなきゃ!

f:id:ROBOBO:20220103110929j:plain

山口周『ビジネスの未来』プレジデント社

www.amazon.co.jp

21世紀を生きる私たちに課せられた仕事は、過去のノスタルジーに引きずられて終了しつつある「経済成長」というゲームに不毛な延命・蘇生措置を施すことではなく、私たちが到達したこの「高原」をお互いに祝祭しつつ、「新しい活動」を通じて、この世界を「安全で便利な(だけの)社会」から「真に豊かで生きるに値する社会」へと変成させていくことにあります。

 

カバー袖より引用

 

経済成長はもうしないの?

コロナ禍で、世界中の経済が確実に何か大きな変化にぶち当たった2年間。

今年も、その3年目として、なんとなく変化が続くように思っていたところで、本書を読んで、「あ、やっぱりそうなんだ」と素直に納得しました。

これまでの右肩上がりはもうなくて、成長を前提にした社会システムは既に維持できていない。その通りだと思います。

じゃあ、何が今、人間を動かそうとしているんだろう?

著者は本書で、文明的価値から文化的価値へ。と書いています。

もう衣食住は足りていて人間が欲するところは、そこじゃあないんだよ。と。

なるほどですね。

 

仕事が遊び?

来るべき未来のために、毎日、通勤して、一日の大半を仕事と雑事に費やして、家に帰っても、なんだかんだと忙しい…。

でも、そう。老後には2000万は必要だと言うし、子供たちはますますお金がかかるし。

全ては未来のために今があるはず…。

という働き方は、もう現状に合ってない。と著者は書きます。

面倒くさい仕事から順にコンピューターに置き換わり、最後に残るのは創造的な活動になって、仕事は、今の概念でいう仕事ではなく、遊びになる。と。

わあお、なんて素晴らしいんでしょう。

でも、誰でもが個性を生かして創造活動ができるとは思えないし、できる子。と、できない子。が明らかに分かれてしまいます。

ちょうど、絵画の値段がうん十億円から数千円まで幅があるように。

私は…とても生き残れる気がしませんね。そのあたり、どうなんでしょう?

 

ベーシックインカム

そこで著者は、誰もが生きていくために必要なお金を享受できる「ベーシックインカム」の導入を提案しています。

つまり、いわゆる、これまでの、たくさん作ってたくさん売ろうよ。という経済活動ではなく、みんなから集めて、同じだけみんなに配分しようよ。そして、本当にお応援したい人やモノにお金を払おうよ。という理論です。

えーっと、そのもとになる財源は、税金とか寄付とかですね。

お金持ちになることに価値はなくて、今をいかに創造的に生きるか、に価値がシフトするという思想ですね。

うんうん。よくわかります。

ちょうど次男が、隣で、宿題の書初めをしていまして、

「なんで習字というものがあるのだ?誰も普段は筆で書かないのに。タブレットで勉強したら鉛筆すら使わないのに?なぜなんだ?」

とぼやいていたので、そういうことなんだよ。と納得した感じです。

「まあ、あれだよ。習字は既に文字を書く・伝えるという目的ではないのだよ。そこにあるのは、黒と白の世界。つまり、次男くんの創造性だよ。」

次男は、納得してませんでしたけどねー。そういうことです。

 

豊かな高原に立てるかな?

最後まで読み終えて、とても示唆に富んだ内容だったと思いました。

新年の一冊目として、読んで良かったな、と思いました。

でも一抹の不安というか、私自身が旧スタイルの社会で長く生きてきたからか、ちょっと想像が及ばない部分がありました。

働くことは生活の一部で、生産することが当たり前だとは思うのですが、資本主義を抜け出して、同じ気持ちで働ける(創造できる)だろうか…と。

生活のインセンティブはどこに。

そこを探すところから個人の責任になるという意味においては、「豊かな高原」はなかなか厳しい場所だな、と思いました。

はたして、この先、子ども達の世代は、高原にどんなふうに立つのでしょうか。

 

 

2022年1月2日 読了