ROBOBO’s 読書記録

読んだ本の感想です。ビジネス書が多いかな?

石黒 浩『ロボットと人間 人とは何か』_感想

 

ロボット研究を通して人間を知る

著者は、自身をモデルにしたアンドロイドを製作したことで一躍有名になられた方です。ロボット研究の世界的第一人者ですね。本書を読むと、そんな石黒先生が、なぜ人間とよく似たロボット、アンドロイドの製作に拘っておられるのかがよく解ります。

なぜ人間型ロボットが必要なのか…それは、人間は人間を認識する脳を持ち、ロボットを開発することで人間を理解することができるから、著者の研究の目的は「人間を知ること」だというわけです。

確かに私たちは、ずっと人間について考えてきました。知りたいと思っているけど、一番わからないものが人間ではないでしょうか。まるで鏡を見るように、人間に似たロボットを通して、人間の姿を知り、心とか感情とか、そういったつかみどころのないものがどこから生まれて、どのように広がるのか、そうした研究の一端を本書を通して知ることができます。

自分の言葉で話しているようで、実はそうでもなかった

どの章も非常に面白くて納得する内容なのですが、特に面白いなーと感じたのは、後半の「対話とは何か」「体とは何か」というセクションです。

アンドロイドは、会話のパターンをあらかじめいくつかプログラムしておいて、相手の発話に合わせて、蓄積した言語の中から言葉を選択して会話を進めます。意外なことに、私たちの会話も、相手の話をすべて理解していなくても、なんとなく話がつながりますし、自分の言葉もオリジナルなのかというと、今朝見たニュースの一部だったり、昨日読んだ本の一説だったりと、そのほとんどか、自分以外のどこかから仕入れてきた言葉でできています。「対話とは、言葉の意味を理解して応答することではない」と著者はいいます。確かに、その通りですね。言葉を通して、自分以外の誰かと時間を共有しているのが対話なのかな、と思います。その相手がAIであっても、十分に機能するわけです。

また、体の感覚というものについても不思議だと思いました。アンドロイドを遠隔操作していると、アンドロイドの腕に注射を刺すと、自分の腕に刺されたような感覚を感じる方が多数あったとのこと。「遠隔操作ロボットは、単なるロボットではなく、操作者の体として受け入れられるロボットになる」と著者は言います。そして、脳とコンピューターとの接続が進めば「生身の体の制約から解き放たれて、自由に体を発達させることができる」と結んでいます。

進化とは何か

ここからはもうSF感が溢れてしまいますが、進化を生物学的な進化と機能的な進化に分けるとするのならば、人間は機能的な進化を様々な機器を使って、そしてこれからはAIを使って進めていくことになると思います。。もともと生物は無機物から生まれたのだから、有機物である時期を経て、また無機物に還るのではないか、つまり人間の進化は「無機物の知的生命体」に行きつくのではないか、というのが著者の考えです。

そういうSF小説がありますよね。でも現にメタバースができて、アバターで会話したり買い物したりすることが当たり前になりそうな雰囲気ですよね。いずれは「体」というものや「気持ち」とか「こころ」というものが生物由来でなくても機能しそうです。

ますます人間とは何か、を考えずにはいられなくなります。

知識の週末トリップを思う存分楽しめた良書でした。お勧めです。

 

2022年5月21日 読了

ロイ・メドヴェージェフ『プーチンの謎』_感想

 

政治の表舞台に突然現れた小役人

本書は、プーチン大統領が首相を経て、大統領代行となり、前任者のエリツィンから正式に大統領に任命されるまでの1999年から2000年の間に、ロシアのマスコミがプーチンという人物をどのように評価あるいは批判したのか、当時の混乱と期待の様子が書かれています。

もともとは地方の小役人だったプーチンが、ロシアの諜報機関KGBの将校から、異例の出世を果たして政治の表舞台に立つことになりました。ロシア連邦大統領選挙において、彼は他の候補者を大きく引き離して、約53%もの票を獲得しました。

彼の何が国民の心を捉えたのか。

そして、ウクライナ侵攻という、現代社会ではちょっと考えられないような暴挙に踏み切った今もなお、多くの国民に支持されているのは何故なのか。疑問はつきません。

ロシア経済の立て直しとチェチェン問題

プーチン大統領の最初の仕事は、チェチェン問題の解決とロシアの経済回復だったようです。本書にも詳しくは書かれていませんでしたが、人々がまず注目したのは、プーチンがどのような手腕をもってチェチェンの反テロ戦争を収めるのか、という点でした。プーチン大統領は、チェチェンで集中的軍事作戦を決行し、力によってチェチェンを制圧することに成功しました。そして彼の軍事手腕は「プーチンは約束するだけでなく、行動する」と高く評価されたとようです。

また、経済面においても非常に厳しい状況にあった当時のロシアですが、プーチン大統領は、軍事産業や宇宙産業などの主要産業を支援し、GDPの伸びを安定させたとのこと。

つまり、平和ボケしている日本ではちょっと考えにくいことですが、戦争によって国民の意思を一つにし、戦争によって軍事産業を活性化し、経済成長をもたらしたということのようです。プーチン大統領だから、そうだったということではないでしょう。戦争がお金になるから、戦争はなくならない。というのは今も昔も自明のことです。

プーチン現象

こうした成功によって、プーチンはロシア国民に権力の安定的な継承を示したと書かれています。経済危機や財政危機よりも危険なのは権力が安定しない状態であると作者はいいます。プーチン大統領は、国民に新しい時代を感じさせている、と。

さて、結局のところ、プーチンの謎は、よくわかりませんでした。

本書の中でのプーチンの人物評は、「プーチンは目立たないと同時に余人に代えがたい者になるという稀な能力」「自分ができるようにやることが重要だと考えて大統領として行動している」「プーチンは単純でわかりやすく、率直さと自然さがあり」などなど、どちらかというと几帳面な内向的な人物を褒めている書きぶりです。

ウクライナ侵攻がなされるまでは、彼を好感の持てる人物だと考えていた方も多かったのではないでしょうか。KGBの訓練所で1年生がまず行うことは、周りの人に好かれる人物になる訓練だそうです。そしてプーチンは優秀な生徒であり教師であったと。

世界は複雑で、単純なことは何一つないと思いますが、一日も早くウクライナ侵攻が終結し、ヨーロッパに平和が訪れることを願ってやみません。そのころプーチン大統領がどうなっているのか、彼を支持する人々がどうなるのか、正しい情報で理解したいと思います。

 

2022年4月24日 読了

 

 

松原隆彦『文系でもよくわかる 世界の仕組みを物理学で知る』_感想

 

面白い!わかりやすい!

物理学を知っていると、見える景色が変わり、世界が変わる。

そんな前書きから始まる本書は、物理とは高校生以来、まったく関わりのない生活をしている方にピッタリの本です。読み進めるうちに、物理ってすごく面白い科目だったんだな、ということに気づいてきます。高校生の時にもう少し興味を持っておけば良かったなと反省しました。

作者は宇宙物理学を専門に研究されていて、「なぜそうなるのか」を考えていくうちに物理学にたどりついたそうです。複雑に見えることを単純な原理で説明するのが物理学なんですね。

世の中に働く力は、たった4つだけ

世界にあるのは、重力、電磁気力、強い力、弱い力 の4つだけなんだそうです。

??と思った方は、ぜひ本書を読んだ見てください。この4つの力で、世界で起こっている現象の全てが説明できてしまう、物理学ってすごいですね。

原子核の中で働く、強い力と弱い力…このあたりは1回読んだだけでは理解しにくいのですが、空が青い理由や地球外生命体は存在するのか?など、興味をそそられる内容がたくさんあります。そして、なにより、読みやすい。難しくないのでサクッと隙間時間に読めてしましますね。相対性理論もバッチリ理解できます!

観る人がいるかいないかで結果が変わる?量子論の世界

特に不思議だな、と感じたのは、量子物理学の世界です。量子は、観測者が観ていないときは起こりうる可能性が同時進行している。??の話ですが、気になる方はぜひじっくりと読んでみてください。量子論の世界では、パラレルワールドが無数に存在して、誰かが一つの現象を見るまでは、どの現象も同時に存在している…?

やはり、じっくり本書を読んでみたくなりますよね?

量子コンピューターが登場すればブロックチェーンは破られる

通常のコンピューターは0か1かの分岐を繰り返し走らせて答えにたどり着きますが、量子の世界では、現象が一つに決まっておらず、平行して同時に存在するため、量子コンピューターでは、0でもあり1でもあるという状態を並行して計算することができるため、通常は不可能とされる計算をこなすことができるそうです。(書いていても実はよくわかっていませんが)

そのため、複雑な素因数分解を暗号としているブロックチェーンであっても、量子コンピューターであれば解読できてしまうかもしれないのだそうです。まだ、そういった量子コンピューターは開発されていないそうですが、理論上は不可能ではないわけですね。

先日、北朝鮮ハッカー集団がオンラインゲーム上の仮想通貨を略奪しているというニュースが流れていましたが、もしかしたら…と思うと怖いですね。

自分とは全く無縁の世界だと思っていた物理学ですが、知ってみると、なかなかに奥深くて感心しました。知ることは楽しいですよね。

これからも色々な分野を覗いてみよう、と思いました。

 

2022年4月16日 読了

安藤広大『リーダーの仮面「いちプレーヤー」から「マネージャー」に頭を切り替える思考法』_感想

 

仕事では「仮面」をかぶる

仕事上のリーダー的ポジションに昇進して間もない人向けに書かれていますが、内容は非常に納得、腹落ちすることばかりです。

一つには、当たり前のことですが、仕事は感情や感覚ではなくて、結果と数字で行うものだということ。部下にたいしても淡々と指示を出して、結果を確認して、次はどうするのかを聞くというマネジメントを勧めています。褒めたり励ましたり、プロセスを重視する必要はありません。

「仮面」というと、あまり良い意味には捉えにくいですが、要するに会社の中の自分のポジションを認識して、求められる「役割」を演じることが、組織を回すうえでは重要だということです。

フラットな組織かピラミッド型か

例えば、若手社員を抜擢して重要なプロジェクトを任せる、という何事もボトムアップで活性化しよう!という職場もあるかと思いますが、筆者は、やはり、組織として最後まで生き残るのはピラミッド型の指揮系統だと言います。

これには、大変同感です。ボトムアップ型とかフラット型というのは、大体が無理がありますよね。下からどんなに良いアイデアで仕事を進めてみたところで、上の人が理解しなければ、表面的なプロジェクトに終わってしまいます。上役には上役にしかできない役割があって、それぞれが役割を果たすことで組織が回るのだと思います。

自分だけが成功したり活躍したりすることよりも、組織として大きな獲物を狩りに行く、まさにここに組織で仕事をすることの醍醐味がありますよね。

とにかく一度、行動させる

言葉でどんなに伝えてみても、経験していないことは身につかないものです。部下には、とにかくなんでもやらせてみて、失敗したら責任は自分が持つ。

そんな上司に私もなりたい。

 

2022年4月10日 読了

山本康正『スタートアップとテクノロジーの世界地図』_感想

 

まさに今、知っておくべき世界地図!

なにげなく手に取って、読むというよりは眺める感じで読み始めた本書ですが、その内容はとても濃くて有用でした。まさに、今、知っておくべきテクノロジーの世界情勢が一目でわかる情報が満載です。

テクノロジー、つまり最近のAIやIoTを活用したビジネス分野で成功しているスタートアップ企業と、それらに投資するエンジェル投資家やベンチャーキャピタルなどの勢力構造がよくわかります。

そして、本書を読まなくても明白なことではありますが、日本という場所は、そういった新しいビジネスが生まれるには全く適さない国だということを痛いほど痛感しました。

なんだかワクワクしてくる

IT系のスタートアップが最も多いのはシリコンバレーを擁するアメリカ、続いて国策としてITに力を入れる中国です。この2つの国で成功しているベンチャーのビジネスモデルを知っておくだけでも、これから就職や起業を考える方にとっては非常に有益な情報だと思います。もちろん、そういったITサービスのユーザーである私たちも、どのようなテクノロジーが、どんな人たちによって、どのようにビジネスとして売られているのかを正しく知っておくことは、とても重要だと思います。

なにしろ、私たちはもうアマゾンやアップルなしでは生きていけませんし、知らないところでベンチャー企業の開発した新しいテクノロジーの恩恵を受けているわけですから。

本書を読み進めるうちに、すごーいとか、なるほどーとか、そういう感想しか出てこなくなります。なるほど、こうやってベンチャーは資金を集めて、会社を大きくするのか、なるほど、この投資家がこのベンチャーに投資するのは、こういう理由があるからなのか、などなど、自分とはかなり遠い世界のことですが、なんだかワクワクしてくるのが不思議です。日本の経済を見ていても味わえない感覚だと思います。

できることなら我が国にも

日本でIT系の企業が育たないのは色々な理由があると思いますし、国もようやく理系人間を育てなくてはいけないという危機感をもって、高校では情報処理という科目が必修化されるようですが、そういった人材育成も大切ですが、まず取り組むべきは日本の法律の見直しだと、本書を読んで強く感じました。

ですので、必要なのは理系人間の前に、法律に明るい方々、そして法律を速やかにより良いものに変えていける優秀な官僚ではないかと思います。正しく言葉を扱える人がいつの時代も重要なのは変わらないですね。

ぜひ、今のテクノロジーの世界感を知っていただきたい、お勧めの書籍です。

おしゃれな横向きなのでちょっと読みづらいのが難点でした。笑

 

2022年3月27日 読了

 

山竹伸二『ひとはなぜ「認められたいのか」ー承認不安を生きる知恵』_感想

 

自由という不自由

自由に生きられるはずなのにかえって自由に行動できない現代社会。何者になってもいいという「自由」が与えられれば与えられるほど「何者にもなれない」ことに悩む人が増えているように思います。

本書の語り口は、丁寧で分かりやすく、読み進めていくうちに、著者と一緒に「人はなぜ認められたいと思うのか」ということをじっくりと考察していくような気分になります。

子どものころに親や教師などの親しい大人から、「何者でなくてもあなたは大切な人」と認めてもらった経験が「自分はこれでいいんだ。これが自分なんだ。」という自己了解を得る力になると書かれており、これは本当に大切なことだな、と思いました。

封建的な社会や宗教が強く影響する社会では、世間一般の「こうあるべき」という姿が明確ですが、現代の何をしても自由な社会では価値観が多様化しているため、何をすれば認められるのかはとても微妙な問題です。そのため、認められたいけど自由に生きたいという葛藤が生じてしまい、生きることに大きな不安を抱えている人が増えているということです。精神疾患は遺伝的な要素もありますが、不安から自分を守るための自己防衛の形が症状として出ているのだと理解すると、とても分かりやすく納得するものがありました。

相互に認め合う社会に

では、どうすれば不安が少なくなるのか。著者は看護師や介護士、教師や保育士などの、人の気持ちに共感する職業がますます重要になること、また、専門的な人たちだけではなくて、誰もがお互いに認め合うスキルを身に着けることが大切だと述べています。

とにかく、話を聞いてもらうだけで、心が軽くなる経験があると思います。見えないことは怖いし、知らないことは不安なので、よく見て、知り、学ぶ努力も必要だと思います。

認められたい自分がいて、認められたい他人がいることを理解しているだけで、随分と世の中は違ってくるように思いました。

まずは、身近な家族のあるがままの姿を愛でることから始めてみようかと思います。

 

2022年3月21日 読了

 

橋本之克『世界最前線の研究でわかる!スゴい!行動経済学』_感想

 

自分で最適の選択をしているつもりだったんだけど

本書は、「行動経済学」という「心理学」と「経済学」を合わせた比較的新しい学問について、身近な例をもとに分かりやすく書かれています。なぜ、それを選んでしまうのか、どうしてそんな行動をとってしまうのか、これまで自分で考えて理解して動いていたつもりでいましたが、実は色々な行動経済学の事象に左右されていたことが分かりました。

ちょうど、春を迎えて、新しいスーツを買ったり、家具を揃えたりと出費のかさむ時期なのですが、この本を読んだおかげで、少しは冷静に買い物ができそうです。

例えば、価格の高い商品、中くらいの商品、安い商品がならんでいたら、大抵の人は中くらいのものを選んでしまう「極端回避性」など、あるあるの例がたくさん出てきます。

人間はとっても不合理

逆にこうした心理を利用して自分のモチベーションや集中力を高めることができると著者はいいます。例えば仕事の締め切りやプロセス管理法を上手く決めるだけで、楽に自分のモチベーションを上げることができます。人は新たに手に入れた喜びよりも、今持っているものを失う悲しみの方を強く感じてしまうという性質を使って、失敗したらどうしようという「損失回避」と良い結果が感が積み上がって満足感が増大する「上昇選好」を上手く組み合わせれば、難しいタスクこなしていけそうです。

こうした自分の行動の裏にある理由を知っておくことは、とても大切だと思いました。

人生は選ぶことの連続ならば

最後に著者は、「今よりも少しだけ良い世界に」という章で、個人と社会の関りについて行動経済学を通して考察しています。「ナッジ」という強制的ではない行動規範の導き方が様々な場面で取り入れられるようになってきましたが、人間の心理には、正直で公正でいたいという気持ちや、集団と同じことをして集団の中に溶け込みたい、という気持ちがあると著者はいいます。こうした心理を刺激して、経済面だけでなく社会面でも行動を変えていくことが可能かもしれません。

自分の体は自分の食べた物で、自分の価値観は自分の選んだ行動でできているのだとしたら、行動経済学を知ってよりよい選択をしていくことも自分たちにできる重要な社会貢献ではないかと思いました。

 

2022年3月12日 読了